糖質オフのおうちごはん~持病があっても楽しく生きる~

料理するのが大好き。糖質オフの工夫を入れてメニューを紹介します。

木枯らしが吹く寒い夜のモツ鍋が旨い まるまるした牡蠣はサクッと揚げてカキフライに

巨大キャベツが、まだたっぷりある。寒いのでモツ鍋で消費することに。

スーパーでモツを買った後、大きな牡蠣を発見。一瞬、鍋に加えようか?と頭に浮かんだが、いやいや、牡蠣フライに。

モツ鍋と牡蠣フライの夕食を撮った写真

モツ鍋と牡蠣フライの夕食

目次

夕食

モツ鍋

○キャベツ・モヤシ・ニラ・モツ・ニンニク・唐辛子

○醤油・鶏ガラスープの素・出汁の素・ラカント・オイスターソース

 

卓上鍋にキャベツを敷き、モヤシをのせる。

ニラ、モツ、ニンニク、唐辛子をのせたら、調味料を合わせた汁を温めてかける。

鍋にキャベツとモヤシを入れて撮った写真
ニラとモツを入れて撮った写真
モツ鍋

卓上鍋はいつまでもポカポカ。モツをつまみながら野菜が旨い。甘みはラカントで糖質オフ。

モツ鍋を取り分けて撮った写真

モツ鍋 取り分け

牡蠣フライ・魚フライ・加茂ナスフライ

大ぶりの牡蠣は数が少ないので、他の具材も一緒に揚げることにした。カレイの切り身で魚フライ。あと本日は、加茂ナスを揚げてみる。

○牡蠣・カレイ・加茂ナス

○塩・コショウ・小麦粉・卵・糖質オフパン粉・サラダ油・ソース・カラシ

 

ナスは水につけてからアクを抜く。ナスの水を切り、牡蠣とカレイも余分な水分をとる。

塩、コショウして小麦粉をまぶす。卵にくぐらしてからパン粉をつける。

油で揚げて出来上がり。

牡蠣フライ・魚フライ・加茂ナスフライを撮った写真

魚フライ・牡蠣フライ・加茂ナスフライ

 

ソースで食べる。

さっくり香ばしくそれぞれ旨い。牡蠣の身の大きいこと。カレイもふんわりいいね。

そして驚いたのがナス。食感は牡蠣に近ているかも? とろっとして面白い。

フライとモツ鍋。交互に楽しむ。

昼食

低糖質麺の横浜家系ラーメン

低糖質麺に、家系ラーメンのスープを合わせて。

○低糖質麺(通販デリカーボ)・ラーメンスープ・チャーシュー(市販)・ほうれん草・ネギ

 

低糖質麺は2分ゆでて湯切りする。湯で割ったラーメンスープに麺を入れる。

茹でたほうれん草、チャーシュー、チンした卵、ネギをトッピング。

低糖質麺の横浜家系ラーメンを撮った写真

低糖質麺の横浜家系ラーメン

本日のチャーシューはスーパーのお総菜のもの。甘さが控えめで、手作り感がいい。お値段高めだが、ラーメンにピッタリ。

家系の味、好きだ。ほうれん草も合う。

家族のラーメンを作りつつ、スープをもらう。みんなで美味しいのが嬉しい。低糖質麺のおかげ。

サラダを添えて。

昼食の食卓を撮った写真

昼食の食卓

ひとこと 株買った

「死ぬまでにやりたい100のこと」っていう話題が流行ったことがある。その時から、退職したら・・・と、夢が広がっている。今のところ、ブログ、リフォーム・・・と続いているが、株を買うというのもあった。

一定の範囲内で買った株は、期間内なら売っても税金がかからない。ならば、始めたい!

仕事をしているときには、余裕ゼロ。自分には絶対無理だった。今なら、何とかできるかも。夢はあっても野心はない。ちょっとでも得したら、すごく満足出来る気がする。

というわけで、ボタンをクリック!

初めてなので10株だけ。ドキドキ。

 

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ

デリーのカレーをおうちで。香り高いインドカレーをレトルトで味わうランチ これでもまだ辛口とは・・・

デリーのレトルトカレーの中でも、カシミールカレーは極辛で、かなり辛い。インドカレーは辛口なので、気軽に購入。

具を作って、カレーソースは温めるだけ。沸騰させないように気をつける。香辛料がすごい。

カリフラワーライスを添えて、糖質オフランチ。

上野デリーのインドカレーとカリフラワーライスを撮った写真

デリーのインドカレーとカリフラワーライス

目次

昼食

デリーのインドカレーとカリフラワーライス

○豚肉・砂肝・玉ねぎ・ニンジン・インドカレー(レトルト)

○カリフラワー・ジャガイモ

 

カリフラワーとジャガイモを細かく刻む。フライパンにジャガイモと少量の水を入れて煮る。カリフラワーを加えて炒めるように火を通したら、カリフラワーライスの出来上がり。

次に、カレーの具を作る。肉と野菜を炒めてから、鍋で煮る。煮汁がなくなってきたら、インドカレーを注ぐ。

上野デリーのインドカレーレトルトを撮った写真

デリーのカレーソース インドカレー(辛口)

沸騰する直前に火を止めて。

上野デリーのインドカレーを撮った写真

デリーのインドカレー

デリーのカレーソースには、具は入っていない。自分で好みの物を用意する。

スパイスの香りが際立っていてとても美味しい。そして、すごく辛い。極辛ではなくても、すすると最初はむせる辛さなので気をつける。

カリフラワーライスにカレーを少しかけて撮った写真

カリフラワーライスにカレーを少しずつかけて

この香りはクセになる。また、食べたい。米がなくてもカリフラワーライスで糖質オフカレー。

夕食

カナッペは、ブランパンを焼いてエビとチーズとスモークサーモンで。

砂肝の串焼きと、イチジク生ハムサラダを添えて、つまみ多めで夕食の日。

ブランパンのカナッペ

○ブランパン・エビ・チェダーチーズ・スモークサーモン・マヨネーズ・パセリ

 

ブランパン(低糖工房)を薄切りにして、茹でエビとチーズ、マヨネーズをのせる。玉ねぎスライスをかけて、オーブントースターで3分焼く。

スモークサーモンのカナッペも作った。

パセリを散らして盛り付ける。

ブランパンのカナッペを撮った写真

ブランパンのカナッペ

低糖質パンでも、たっぷりの食べ応え。エビもスモークサーモンも旨い。

砂肝の串焼きと、イチジクと生ハムのサラダを添えて。

イチジクと生ハムのサラダを撮った写真

イチジクと生ハムのサラダ

夕飯の食卓を撮った写真

夕飯の食卓

ひとこと 本当に寒いのでレッグウォーマーを出す

通勤していたころ、いつからか冷えには足首の防御が重要だと考えるようになった。

首にはマフラー、手首には手袋でいいが、若い頃は足首には何もしていなかった。寒いとは思っても、冷えるということがあんまり感じられなかったからだ。

今はしみじみ感じますよ。体の芯から。

足首にレッグウォーマー。ここ5年くらい、特に重要なアイテムになっている。

普段使っているものは黒くて、見た目は靴下と変わらない。外側はジャージ生地っぽくて内側は起毛。細い形で良く伸びるが締まる感じ。

これはすごいです。                                  

出かける前には装着!ポカポカ。

 

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ

 

スポンサーリンク

卵黄と生クリームで低糖質麺のカルボナーラ。美味しく作るコツは? 夕食はわが家の定番しょうが焼き!

以前作ったカルボナーラのリベンジ。卵とクリームの分量のコツをつかんで、トロトロのカルボナーラをうっとり食べる。

低糖質カルボナーラを撮った写真

低糖質カルボナーラ

目次

昼食

低糖質麺のカルボナーラ

○低糖質麺スパゲッティ用(デリカーボ)・ベーコン・生クリーム・牛乳・バター・卵黄・塩・コショウ・黒コショウ・パセリ

 

低糖質カルボナーラ分量

  • 低糖質麺(ゆで)80g
  • ベーコン    25g
  • 生クリーム  100g
  • 牛乳      60g
  • バター      5g
  • 卵黄       1個
  • 塩・コショウ   適量

刻んだベーコンをフライパンで炒める。生クリーム、牛乳、バターを加えて、塩、コショウ。麺は2分ゆでたものを湯切りして入れる。卵黄を落とし、混ぜる。

とろみが出てきたら出来上がり。パセリと黒コショウを振る。

生クリームに低糖質麺を入れて撮った写真

卵黄を入れて撮った写真

生クリームに低糖質麺と卵黄

すごく簡単。

先日は少々固めだったのでリベンジした。

コツはやっぱり、卵黄1個に対しての生クリームと牛乳の割合ですね。好みもあるので、もっとサラッとしていても美味しいかも。

本日のは、最高のトロトロ感。食べる時にうっとりするようなのどごし。生クリームとバターが幸せの味だ。私好み。

麺は一人前の半分で作ったが、ソースはこのままの分量で一人前でも十分だと思う。

なお、ベーコンの塩味があるので、塩は少なめが美味しい。

おかずは夕べのロールキャベツ一切れ。

ロールキャベツを撮った写真

ロールキャベツ

サラダを添えて、幸せランチ。

昼食の食卓を撮った写真

昼食の食卓

夕食

キャベツ大盛りのしょうが焼き

普通にしょうが焼きを作った。キャベツが大盛り。 

○豚小間肉・玉ねぎ・付け合わせ(キャベツ・キュウリ・トマト・ハム・パセリ)

○つけだれ(醤油・ショウガ・ニンニク・酒・ラカント・鶏ガラスープの素)・片栗粉

 

ボウルにショウガ、ニンニクをすりおろし、調味料を混ぜ合わせてつけだれを作る。切った豚小間肉を30分ほど漬けておく。

フライパンで豚小間肉を炒め、色が変わり始めたら薄切りの玉ねぎを加えて炒める。

水溶き片栗粉を入れて出来上がり。

山盛りのキャベツを付け添えに。

山盛りキャベツを撮った写真
しょうが焼きを撮った写真
山盛りキャベツとしょうが焼き

わが家で最も人気のメニューかもしれない。大量に作ってもすぐペロリだ。

キャベツにはマヨネーズを少しかけ、しょうが焼き汁で食べる。それがまた旨い。

しょうが焼きを盛り付けて撮った写真

しょうが焼き 盛り付け

2.1kgの巨大なキャベツをだいぶ使ったが、まだある。

揚げ出し豆腐

○豆腐・ネギ・大根・ショウガ・塩・片栗粉・サラダ油

○昆布・カツオ節・塩・醤油

 

昆布とカツオ節で出汁をとり、塩、醤油で味をつける。

豆腐は切ってキッチンペーパーの上で水切りする。塩を振って下味をつけ、片栗粉をまぶし、サラダ油で揚げる。

出汁を注いで豆腐を入れ、刻みネギをかける。大根おろしとショウガを添えて。

揚げ出し豆腐を撮った写真

揚げ出し豆腐

これは出汁をしっかりとると、もの凄く旨いメニューだ。だし汁も飲み干す。

夕飯の食卓を撮った写真

夕飯の食卓

ひとこと コタツを出す

寒いのが急すぎる。でも、大丈夫。暖かい日が続いているうちに、何度もコタツ布団を干しておいたから。とにかくすぐセットした。

ワンコが喜ぶ。コタツ布団の角のところが大好き。上に乗って、丸くなって寝る。

それでも寒くなってくると、手でチョイチョイしてここを開けろと合図する。

中に入ったら2分ぐらいで飛び出し、ぷはーとは言わないが水を飲む。しばらく体を冷やしたらまた入る。サウナ好きのじいちゃんといった感じである。

本日は2度入ったが、どちらも3秒で飛び出す。

まだ、そこまでは寒くないもんねえ。でも入るんだ。

 

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ